黒永の戯言

はてなダイアリーの方からインポートしてみました。

むしゃくしゃしたのでトリハダ劇場版を見た

いやもう本当に最近なぜかよくわからんのですけど、ホラー映画見たい感が強まっていて。シンドラ集合住宅の恐怖が個人的に面白かったにも関わらず、短期で終わってしまったからフラストレーションたまったんだろうか。

ホラーアクシデンタルはYoutubeで公開されているので見ましたが、これもこれで凄い面白かったです。恐らく自分短編ホラー好きなんでしょうね。小説も短編ホラーだと食指尋常じゃない。

皆見ると良いと思います。↓


フジ公式 cx-horrors
http://www.fujitv.co.jp/cx-horrors/index.html
※ホラー苦手な人は念のためクリック注意

eve の全ても面白いですが、短編というわけではないので、ちょっと中だるみする。(1回分自体は短いので、単に自分に忍耐力がない。)


あっテレビ版トリハダおすすめです。
幽霊じゃなくて人が怖い方なので、クリ―チャーにはびびらなくても良い感じ。
クリ―チャー嫌いじゃないですが、ホラーとしては人が怖い方が好きです。あとそこまでお化け屋敷的なビックリドーンみたいな展開も少ないのがまたありがたいです。THEビビリ。



で、映画感想。
といっても、一話が短い分ちょっと書くとあっという間にネタバレになるのでそんなに書きませんが。

トリハダ ‐劇場版‐

トリハダ ‐劇場版‐




笹野鈴々音さんの存在感尋常じゃねえ。


テレビ版のトリハダにも登場していて、パッケージにもその話の表情が使われていて、これがどえらい不気味なんですが、劇場版でも変わらずの不気味さでした。
ストーリー自体も気味が悪いものの、これはもう確実に女優さん勝ちだと思います。
笹野さんのブログとのギャップすげえ……


この第二話「異常な愛情と執念の6日間」は、最終的にあの男性がどうなったのかなーと思うのもちょっと楽しいですね。
自分はあのままバックしてもおかしくないなと思っていました。真面目に。


ちなみに、不気味さからぞっとしたのは第二話でしたが、少しリアルに感じて怖かったのは第三話「好奇心から生まれる想像と漆黒」でした。
あれ、あの後男性逃げられないよな…と思うと先々の事まで想像がいって憂鬱な気持ちになった。



あとはネット上の感想見ていて、一部意見が分かれていて気になった箇所について。
第五話「自身に降りかかった悪夢と結末の相違」のラスト、自作自演説を比較的よく見かけるのですが、自身はそっちではないんじゃないかと考えています。
以下ネタバレなので反転。<--ここから
自作自演だと、それまでの一人で紙を見つけるたびに怯える所作に、違和感があるなあと。
そこまで自演するの?という感じです。あとそこまで自演して殺すような伏線がなかったような……もう一度見ようかな……単に「自身ではなく、他人が犠牲になったから笑顔」なのかなと捉えていました。
<--ここまで


まあ色んな見方ができるのも楽しいです。
作品内では、最低限の会話と映像が写されるため、全てがはっきり表現されるわけではないのが見ていて楽しい。


集合住宅の恐怖は、ほんのり幽霊じみている内容もありましたが、やっぱり人の怖さの方に重点が置かれていて、こういう作品もっと増えないかなあと心の底から思う次第です。