黒永の戯言

はてなダイアリーの方からインポートしてみました。

ミザリー

おぉ、なんか妙に眼鏡が汚れてて前が見にくい……


大量に借りてきた映画のうちの、ミザリーの感想です。箇条書き。




以下ネタバレ注意!









  • 何が怖いって、女の人の鬼気迫る表情がアップで怖い。やってることも狂気としか思えないけど、怖いのはやっぱり表情のアップ。
  • おかんも言ってたけど、あらすじ読んだりするまではミザリーはこの女の人だと思っていました。
  • そういや怖いと言えば、偶然なのか故意なのかわからない点がいくつか。↓
  • 一つ目は、最初の事故が本当に事故なのか、それとも女のせいなのか。旦那が同じような事故で死んでいたようなので気になりました。女がやってないという確証を持てる部分なかった気がする……
  • 二つ目はワインを倒すシーン。これもどちらとも取れる感じだったと思うけど、うっかりなら主人公の運が悪かったという話で済むからいい。問題は故意だった場合で、これだと全部の事がバレていると思われる上、敢えて脚を潰すための口実を作る目的で泳がせた可能性も有り得るんじゃないかというところまで妄想した。
  • 二つ目の後半は行き過ぎかとも思ったけど、ここら辺、考えれば考えるほど怖くなってくる。
  • 脚ぶったたかれるところは、いたたただだだだあ゛ーってなった。凄い方向に……
  • 女が原稿内容にダメ出ししてる部分は、話を書くという点で見ても面白いかも。女の人はヒステリック?ぎみだけど、原稿への指摘は結構的確だった気がする。
  • 女の行動は異常だけど、一方で、あーファンてこんな感じかもという部分もちらほら。
  • 看病しつつも目の前にいる人がどういう人かを考えると我を忘れかけるのとか、好きなキャラが死ぬのだって場合によっては心神喪失レベルのショックかもしれないよね。
  • まあ監禁はしねえけどな!!
  • 原稿への指摘も、ファン故に作品の世界を脳内に持ってるからできるんじゃないかと思うわけで
  • まあ新作原稿燃やせとか言わないけどな!!!
  • ところであの家の構造が怖い。室内からドア開けられないとか、鍵穴式って怖いね。ピンで開いたけどさ……


気付いたら、箇条書きなのに妙に文が長く……
色々怖いと言ったし、他の場所でも怖い映画として取り上げられているけど、自分としては主人公がこの状況から一矢報いるまでにどう動くかっていうサスペンス的要素が面白いと思います。